母の日にカーネーションをあげるのはなぜ!?

母の日にカーネーションをあげるのはなぜ!?

母の日 カーネーション

母の日のプレゼントの鉄板としてカーネーションを贈るのが習慣になっています。

「母の日にはなぜカーネーションを贈るの?」
「カーネーションにはどんな意味が込められているの?」

と疑問になっている方も多いことでしょう。

今回の記事を読むことで、母の日になぜカーネーションを贈るのか、カーネーションの色に込められた意味がわかるようになります。

スポンサードリンク

母の日にカーネーションを贈る由来となったエピソード

母の日にカーネーションを贈るのは、母の日という記念日が制定されたのが、カーネーションがきっかけだったからです。

きっかけは、1905年5月9日、アメリカ人の少女アンナ・ジャービスの母親が亡くなり、それから3年後の1908年5月10日にアンナは母親の追悼式で母が好きだった白いカーネーションを飾り、参拝者にもそれを配りました。

1914年にアンナのこの行動が感動を起こし、アメリカ大統領が5月の第二日曜日が母の日として制定し、母親が生きている人は赤いカーネーションを、母が故人である場合には白いカーネーションを自分の胸に飾っていました。

それがだんだんと習慣になり、白いカーネーションを贈るのが一般的になったのです。

なぜ赤いカーネーションを贈るようになったの?

母の日 赤いカーネーション

赤いカーネーションを贈るようになった理由は、母性愛の象徴であるからと言われています。

キリストが十字架にかけられた際に、マリアが流した涙から咲いたのがカーネーションで、白いカーネーションの意味には十字架にかけられる前のマリアとキリストを指し、赤いカーネーションの意味には十字架にかけられたキリストが流した血を指しています。

赤が愛を表すのは、キリストを失ったときのマリアの強い愛情が由来ではないのでしょうか。

日本で母の日が広まったのはいつから?

日本で母の日が広まったのは、大正時代に、キリスト教徒が積極的に促進したことがきっかけでした。

正式に日本で母の日が5月の第2日曜日に制定されたのは、戦後の1947年のことです。

カーネーションの色に込められた意味

母の日 カーネーション 色 意味

カーネーションのそれぞれの色に込められた意味を見ていきましょう。

赤いカーネーション

  • 母の愛
  • 真実の愛
  • 熱烈な愛

白いカーネーション

  • 尊敬
  • 愛情表現

ピンクのカーネーション

  • 感謝
  • 上品
  • 温かい心
  • 美しい仕草

紫のカーネーション

  • 誇り
  • 気品
  • 青のカーネーション
  • 永遠の幸福

母の日にカーネーションを贈ろう

母の日 カーネーション

カーネーションを実際に贈ってみましょう。

おすすめのショップは、フラワーギフトのフラワーボックス専門店フローリストクラウン!
母の日などの贈り物にピッタリのフラワーボックスで 部屋に飾る人気のフラワーギフトとなってます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

母の日になんとなくカーネーションを贈っていた人も由来を知れば、より気持ちを超えてプレゼントできるものですよ!(^^)

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す