万灯祭多賀大社2018! 日程は? 10000本のド迫力提灯!!

万灯祭多賀大社2018! 日程は? 10000本のド迫力提灯!!

神生み神話の伊邪那岐大神・伊邪那美大神の二柱を祀り、古事記の時代から続く大社である、多賀大社で行われる万灯祭

今回は万灯祭多賀大社2018の見どころや日程をご紹介します♪

スポンサードリンク

万灯祭多賀大社2018!見どころは?

御神木のある杉坂山で切り出された火により、午後7時に提灯が一斉に点灯されます。
全国から寄せられた1万2,000灯もの提灯により境内が照らされ、辺りは厳かな雰囲気に包まれます。

万灯祭で提灯に火が灯されるのは、19時~21時30分までになりますので、提灯に火がともっているところをみたい方は、この時間帯を狙って行くのが良いでしょう。

時間に余裕がある方は、提灯に火が灯る時間帯までお祭りの舞台となる多賀大社を巡ってみるのも良いかもしれません。

万灯祭の舞台となる多賀大社とは?

万灯祭の舞台となる、多賀大社は古くからお多賀さんの名で親しまれている、いざなぎのおおかみと、いざなみのおおかみを祀った滋賀県第一の大社です。

日本最古の書物である古事記によると、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万の神々を産んだとのことです。

生命の神様であることから、古く延命長寿・縁結び・厄除けの神様として信仰を集め、鎌倉時代から江戸時代にかけては、武家や民衆にも信仰が広まり、多賀大社の分祀社は全国239社を数えます。

春のしだれ桜、秋の奥書院の紅葉なども見事で、近辺には彦根城や湖東三山、琵琶湖などの名所にも恵まれ、年間約170万人の参拝者が訪れます。

万灯祭の見どころは提灯だけではありません!

万灯祭には他にもイベントが盛りだくさん!

厳かなお祭りではありますが、見どころは提灯だけではありません。
子どもから大人まで、様々な年代が楽しめる催しも用意されています。

お子さんが楽しめる、魔法使いプリキュアショー。

子供から大人まで楽しめる打楽器体感イベント。

滋賀県出身のアーティストで、アニメ食戟のソーマオープニング曲を歌うウルトラタワーのライブイベント。

一風変わったものまねマジックショーー太田圭亮のマジックショー。

これらのイベントも開催されますので、世代を超えて楽しめるお祭りと言えるでしょう。

万灯祭多賀大社2018!日程は?

万灯祭の日程は、例年、8月3日、8月4日、8月5日で行われています。

2018年も同様の日程で行われますよ!

万灯祭多賀大社2018!アクセスは?

電車

  • 近江鉄道多賀線 多賀大社前 徒歩 10 分
  • JR琵琶湖線 彦根 バス 「多賀町役場前」下車すぐ
  • JR琵琶湖線 彦根 バス 「国道多賀大社前」

彦根ICより車で15分

駐車場

  • 普通車 200 台
  • 大型車 20 台

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す