岸和田だんじり祭りの2018年の日程は? 300年の歴史を誇るだんじり祭りの代表格!

岸和田だんじり祭りの2018年の日程は? 300年の歴史を誇るだんじり祭りの代表格!

毎年テレビでもその様子が放送される、岸和田だんじり祭り

だんじり祭りと言えば、そのだんじりの大きさを存分に活かした曳き廻しがド迫力ですよね!
岸和田だんじり祭りは、そのだんじり祭りの中でも際立った迫力を魅せてくれます。

今回はそんな岸和田だんじり祭りの歴史や2018年の日程をご紹介します!

スポンサードリンク

岸和田だんじり祭りの歴史と見どころは?

岸和田だんじり祭りの歴史は古く、約300年前にまで遡ります。

元禄16年、時の岸和田藩主岡部長泰公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。

当初の祭礼は、「にわか」や狂言などの芸事を演じ、その後に三の丸神社、岸城神社へ参拝したようです。

当初は五穀豊穣を祈願したお祭りでしたが、社会構造の変化と共にお祭りの在り方も変化していき、
現在においては地域交流としての人気が根強くなっています。

スピードに乗っただんじりを勢いよく方向転換させる、やりまわしが岸和田だんじり祭りの醍醐味でもあるので、足を運んだ際には見逃せないでしょう。

また、だんじりに施された精緻な彫刻も見どころの一つで、休憩時などの停止中に申し出れば見学させてくれることもあります。

岸和田だんじり祭り2018年の日程は?

 

naokiさん(@macs.kado)がシェアした投稿

岸和田だんじり祭りの日程は、9月と10月で、実は2回に分けて開催されます。

  • 1回目は、9月16日、17日の2日間
  • 2回目は、10月7日、8日の2日間

となっています。

試験曳きの日程についてもまとめてあります。

試験曳きとは、だんじり曳きの予行練習のことです。まあリハーサルですよね。

岸和田だんじり祭りの2018年の9月祭礼曳行日程

試験曳き

2018年9月3日(日曜日)、9月15日(金曜日):午後2時~午後4時

宵宮

2018年9月16日(土曜日):午前6時~午後10時

本宮

2018年9月17日(日曜日):午前9時~午後10時

岸和田だんじり祭りの2018年の10月祭礼曳行日程

試験曳き

2018年10月1日(日曜日):午後1時~午後5時

宵宮

10月7日(土曜日):午前6時~午後10時

本宮

10月8日(日曜日):午前7時~午後10時程

過去の岸和田だんじり祭りでは事故も?

活気に溢れる岸和田だんじり祭りですが、その荒々しさから事故も絶えません。

やりまわしの際に、バランスを崩して壁に激突したり、柱にぶつかったり、
先頭の人たちが勢いに押されて転んでしまったりと様々な事故が起こります。

事故に巻き込まれないためには、用意されている観覧席での見学が良いでしょう。
他にはベイサイドモール付近も広いスペースがあるので、比較的安全だといわれています。

岸和田だんじり祭り2018年のアクセスと駐車場は?

岸和田だんじり祭りの会場は、南海線の岸和田駅と春木駅周辺です。

大阪難波駅からのアクセス

難波駅 → 岸和田駅

  • 南海特急ラピート(1000円:21分)
  • 南海急行(490円:27分)

難波駅 → 春木駅

  • 南海区間急行(490円:27分)

お祭りの開催期間中は岸和田駅と春木駅は大変混雑しますので、春木と岸和田の間の和泉大宮駅を利用することをお勧めします。

難波駅 → 和泉大宮駅

  • 南海急行+普通電車(27分:490円)

※和泉大津駅で急行に乗換

駐車場

会場周辺には20か所以上の有料駐車場がありますが、大変混雑が予想されるので、早めに駐車するのが望ましいでしょう。

岸和田だんじり祭り2018! Twitter民の反応は?

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す