メンタリストDaiGo著の「自分を操る超集中力」を読んで その2

メンタリストDaiGo著の「自分を操る超集中力」を読んで その2

どーも、センダマンです!

ウィルパワーの鍛え方としては、

 
1.ウィルパワーを増やす
2.ウィルパワーを節約する
スポンサードリンク

この2つの方法があります。

1.ウィルパワーを増やす方法

例えば姿勢を正すという方法。

僕たちは普段姿勢を気にすることなく生活しています。

オフィスで働いているとき、常に正しい姿勢を保って、仕事をすることは意外と困難だということです。

詳しくは本を読んでほしいのですが、背筋をピンと伸ばし、膝をくっつける。

これを姿勢が崩れてくるたびに意識して戻すのです。

無意識の行動に気づき、行動を改めることでウィルパワーを鍛えることができます。

そのほかにもこの本にはたくさんのウィルパワーを増やす方法が紹介されています。

特に効果が高いものとしては、瞑想があります。

瞑想についてはまた改めて別の記事で書きますが、今さまざまな著者が本を出していて、書店に行くと瞑想の本だらけです。

瞑想こそ、無意識の行動に気づく訓練として最も効果のある方法だと思っています。

具体的に得られる効果としては、リラクゼーション効果、集中力アップ、緊張や不安に強くなる、感情のコントロール力が強くなる、体脂肪が落ちる、睡眠の質が向上する等です。

瞑想といってもここで紹介されているものは、とても簡単。

5分間、あぐらをかいた状態で目を閉じて鼻呼吸をするだけです。

2.ウィルパワーを節約する方法

僕たちは生活する中で一日にかなりの選択をしているそうです。

朝起きたらまずは何をするのか考え、どの服を着るのか、トイレに行ってから家をでるべきか等、朝だけでもいろんな選択肢の中から決断をしていく必要があります。

実は選択するたびにウィルパワーを莫大に消費しているそうです。

ということは選択することを減らしていけばいいわけです。

スティーブジョブズのように毎日着る服をあらかじめ決めておき、自分にとって必要ないことはルール化する。

つまり「習慣化」によってウィルパワーを節約できます。

上で述べた瞑想など自分にとって良いことだと思うものは、手帳などに書きこみ、ルーティン化して習慣にしていくといいと思います。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す