雛人形を処分する時期はいつ? 供養と処分の方法を徹底解説!!

雛人形を処分する時期はいつ? 供養と処分の方法を徹底解説!!

雛人形を処分する時期はいつ? 供養と処分の方法を徹底解説!!

雛人形を処分したいけど、

  • いつ処分したほうがよいのか。
  • 供養したほうがいいのかわからない。
  • どこで供養すればよいのか。

今回はそんな疑問に応えるべく、雛人形の処分時期、処分方法、供養方法、供養できる場所、供養にかかる費用についてまとめました。

スポンサードリンク

雛人形を処分する時期はいつが最適?

意外なことに、雛人形を処分する時期についての定説はありません
厄や災いから身を守り、肩代わりしてくれて、
健康に育ったならば、雛人形の役目は果たしたと言えます。

おすすめの時期は、成人したとき、もしくは、結婚したときです。

成人したときは、立派に成長した節目ですので、
感謝を込めて雛人形を処分してもよい時期でしょう。

学生さんの場合は、社会人になって忙しくなる前に、
適切に処分しておくのもいいと思います。

結婚したときは、まさに家を出て新しい家庭を築くわけですので、
立派になった一番の節目です。

女の子のお子さんができれば、その女の子の雛人形を飾る必要が出てきます。
結婚に合わせて処分するのも、とても理に適っています。

雛人形の処分方法は? どこで供養する?

雛人形はどうやって処分するのがいいのでしょうか?
身代わりになってくれていたのだから、感謝を込めてお別れしたいですね。

オークションで譲る

雛人形の処分の方法として、新しい持ち主に譲り渡す方法があります。
雛人形が欲しい人にオークション経由で譲るということもできます。

ヤフオク「雛人形」の検索結果
https://goo.gl/CNzUUU

寄付する

保育施設・養護施設・介護施設では、人形を必要としている施設があります。
国内外の受け入れ先に寄付して、社会支援に役立てているサービスがあります。

セカンドライフ
http://www.ehaiki.jp/second/dolls/dolls_kihu.html

ワールドギフト
http://world–gift.com/kuyou_web/kuyou-hiroshima.html

神社で供養してもらう

人形供養をしてくれる神社を探して、供養してもらう方法があります。
人形供養祭として開催している神社もあります。

人形供養を郵送で送れる全国の神社リストがあります。
https://e-hinseiri.com/blog/10885

徳島県勝浦郡勝浦町のビッグひな祭りは、供養の前に集まった雛人形を飾り、
お別れの飾りをしてから供養するお祭りです。

千葉県勝浦市や和歌山県南紀勝浦でも勝浦つながりで
同様の人形供養祭が行われています。

徳島県勝浦郡勝浦町ビッグひな祭り
http://bighinamaturi.jp/

日本人形協会の供養代行サービス

日本人形協会では、ゆうパックで引き取り、
供養を代行してくれるサービスを行っています。

引き取り用の「お人形差出キット」を使って送り返すだけで、
供養して処分してくれます。

日本人形協会 人形感謝(供養)代行サービス
http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/

雛人形の供養にかかる費用は?

セカンドライフに寄付するときは、
ゆうパックの送料とワクチン募金を含めて2000円くらいです。

ワールドギフトは供養料と再利用にかかる費用を合わせて
サイズに応じて4000円~5000円くらいです。

人形供養を神社にお願いすると、
3000円~5000円くらいで供養してくれます。

徳島県勝浦郡勝浦町のビッグ雛祭りは、
供養料が5000円かかります。

日本人形協会の供養代行サービスの場合、一箱5000円です。

まとめ

雛人形の処分方法と供養方法についてまとめます。

  • 雛人形を処分するのであれば、女の子が成長して役目を果たした後、
    成人したとき、または結婚したときに処分するのが良い。
  • 雛人形を処分するには、他人に譲る方法と供養して処分する方法がある。
  • 供養して処分するには、3000円~5000円くらい費用がかかる。

厄や災いの身代わりになってくれた雛人形ですから、
最後まで大切に接してあげてくださいね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す