ゴールデンウィークに行きたい関東の穴場キャンプ場4選!必須道具も!

ゴールデンウィークに行きたい関東の穴場キャンプ場4選!必須道具も!

ゴールデンウィークに行きたい関東の穴場キャンプ場4選!必須道具も!

ゴールデンウィークは街中で過ごすよりも、人がいない自然の中でゆっくりと過ごしたいですよね。
今回、関東の穴場キャンプ場についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ゴールデンウィークに行きたい関東の穴場のキャンプ場4選

神奈川県

ガンダーラ 真鶴シーサイドキャンプ場

出典:http://www.shizengate.com/campsite/content/manazuruseaside.html

神奈川県の都心から近いですが、海と山が隣接するキャンプ場です。
電気も水道も整備されており、最寄駅から3km程度の近さです。
しかし、会場に行くまでの道が一つしかなく、車で入れません。

そのためキャンプ道具などはエンジン付きトロッコで運搬してもらう事になります。
1回500円ですが人は少なく、海と山どちらも満喫できる場所となっていますので両方の良さを楽しむ事が出来ます。

  • 住所:神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1176-2
  • 料金:大人 一泊2,000円 子供(小学生) 一泊1,000円
  • お申し込み:(gandahara@rose.plala.or.jp)

栃木県

ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ

出典:http://samcamp.exblog.jp/25559189/

栃木県の山の中にあるキャンプ場です。
自然にちなんだイベントなどが行われていたり施設内に温泉があるので、様々な楽しみ方が出来ます。
家族でキャンプに行く際にオススメだと思います。

  • 住所:〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
  • 料金:9,800円(トップシーズン・一番安い値段にて)
  • お申し込み:ホームページから(http://www.twinring.jp/f-glamping)

群馬県

桐の木平キャンプ場

出典:https://summer.walkerplus.com/detail/ar0310s14071/

群馬県の北毛エリアにある山と渓流が楽しめるキャンプ場です。
周辺に道の駅「田園プラザかわば」や小住温泉があるため、食べ物やお風呂には困らないです。
オープンは4月下旬からとなっています。

  • 住所:群馬県利根郡川場村川場湯原2681
  • 料金:4,900円(ハイシーズン・一番安い場所にて)
  • お申し込み

埼玉県

せせらぎキャンプ場

出典:http://www.campcreate.jp/saitama/sesenagi/

埼玉県にあるキャンプ場です。
車で7分の場所に日帰り天然温泉「さわらびの湯」があるのでお風呂には困らないです。
車で10分の場所に名栗湖があり、カヌー工房にてレンタルカヌーを楽しむ事も出来ます

  • 住所:〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗975
  • 料金:5,000円(一番安い場所にて)
  • お申し込み:TEL:080-5178-0994

関東には様々なキャンプ場があるのですね。ちなみに私が
特に気になったキャンプ場は神奈川県のガンダーラです。
車でのアクセスが不可能ですが海と山を同時に楽しめるので
海派、山派で喧嘩せずに済むからです。

ところで、折角のキャンプなのに何かアクシデントがあり楽しめなければ意味がないですよね。
そこで、キャンプに持っていく際に重要な道具をまとめてみました。

キャンプに持っていきたい重要な道具

キャンプに持っていくのに忘れがちな道具を紹介していきます。テントなどは省略致します。

軍手

テントを建てる作業など、様々な場面で軍手は役に立ちます。
特にお子様とキャンプを行う際に手に何もつけずに遊ぶよりも軍手をつけて遊んだ方が擦り傷などの防止にもなります。

虫除け道具

ゴールデンウィーク期間なので蚊は出てこないと思いますが、
ここ最近は5月でも暖かいので念の為に持っていった方がいいと思います。

レインウェア

山の天気はコロコロと変わりやすいです。
天気予報では晴れになっていても雨が降る可能性があります。
傘だと、身動きがとれにくいのでレインウェアをオススメします。

まとめ

いかがでしょうか。
ゴールデンウィークのキャンプは蚊がいないので夏よりも過ごしやすいと思います。
是非楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す