【20代向け】新卒でベンチャー企業に就職した僕が大手企業に転職した7つの理由

【20代向け】新卒でベンチャー企業に就職した僕が大手企業に転職した7つの理由 20代のキャリア論
 
どーも、センダマンです。
 
新卒で入る会社をベンチャーのが方がいいよと言う人もいれば、まずは大手企業に行った方がいいと言う人もいる。
果たしてどちらが正しいのか。
 
・安定していて周りに自慢できる大手企業
・流行りのビジネスをやっていてかっこいいベンチャー企業
 
どちらも互いにはない魅力を持っているからこそ迷いますよね。
 
僕は新卒でベンチャー企業に就職し、半年で辞めて大手企業に転職しました。
どちらも経験している僕が、なぜベンチャー企業から大手企業へ転職したのかその理由を説明します。
また、その中で大手企業とベンチャー企業のメリット・デメリットも余すことなく書きました。
 
スポンサードリンク

 

ベンチャー企業から大手企業に転職した7つの理由

 
前提として、Webコンサルタントとして独立したいという願望がありました。
そのためには、どうすればよいかという視点で考えたときに、ベンチャー企業より大企業のほうがいいのでは?と感じた次第です。
その理由を以下に書きます。
 

市場価値の高い人材になれる

僕はweb制作系のベンチャー企業に新卒で就職しました。(正確に言うと学生時代からアルバイトとして一年働いていました)
ベンチャー企業のいいところは、いろんな仕事ができることで、
僕も在籍時には、Webディレクション、企画提案、新規開拓営業、広告運用、経営会議への参加、採用活動などありとあらゆる仕事をこなしました。
 
しかしながら、 その一つ一つのクオリティは高いと言えるものではなく、社長のさじ加減でokかどうかが決まるといった具合でした。
社長も大枠の話こそ厳しいものの細かい点はあまり重要視していなかったため、資料のクオリティの精度などは大企業のそれと比べて低かったと言わざるを得ないです。
また、ビジネスマナーに関しても必要最低限のことしか求められないため、今苦労してます。笑
 
 大手になればなるほど、コミュニケーションのクオリティが何よりも求められるため、これだと転職時には幅がききません。
新卒で大企業で勤めていれば苦労することは少なかったと思います。
 

錯覚資産を磨ける 

マナーや資料のクオリティなどの話でも言及しましたが、 より大きなお金を動かしているのはコミュニケーションのクオリティです。
語弊を恐れずにいえば、見てくれがよいほうが多く企業単位でも個人単位でも多く稼げるのですが、これは大企業がとてもうまいんですよね。
 

独立したときにブランドになる

社会は経歴を重視するため、独立してからも経歴は非常に重要です。
僕は独立してwebコンサルタントを目指しているため、web業界の大手で勤めた経歴は箔となります。
マッキンゼー出身の経営コンサルタントとしがない中小企業出身の経営コンサルタントだと信用が全然違いますよね?
信用はそのままブランド力に繋がります。
 
 

より専門的な仕事ができる

ベンチャーは基本的に仕組みをこれから構築し整備していく段階にあることが多いです。
ベンチャーにいるとき、この仕組みがなく今考えると、無駄な労力をかけていたことが多くありました。
雑用なども多かったです。
それにより、問題解決力は高まるのですが、そもそも答えがあるならわざわざ考える必要がないですし、 専門的な仕事に取り組む時間は減ってしまいます。
その分、大企業は仕組みができていて分業制なので、効率よく専門的な仕事のスキルの向上に集中することができます。
その結果クオリティも高まり市場価値の高いスキルが身に付きます。
 

優秀な人材が多い

大企業はよくも悪くも学歴を重視します。
その学歴フィルターを突破しているだけあって、大企業には優秀な人材がたくさん集まります。
ゆえに意識も高いですし、穏やかな人が多い印象です。
彼らから学べることはたくさんあるでしょうし、独立したりしても優秀な人材のつながりは貴重です。
 

自由に使える時間が多い

大企業は基本的に残業を抑制する方向に進んでいるので、プライベートな時間もとれますし、今流行りの副業する時間もとれます。
ベンチャーは良くも悪くも残業=悪いことではないと捉えているため、どうしても自由に使える時間は少なくなります。
独立するためには、スモールスタート=つまり副業として始めたかったので、時間がないのは僕にとって命とりでした。
 

給料が多い

ベンチャーは役員にならない限り給料的なうま味はないです。
大企業であれば普通に仕事してても給料は伸びていく一方です。
僕の周りの友人でも金を持ってる人のほとんどが大企業の社員で、ベンチャーに勤めている友人はあまり金も時間もないです(笑)
 

新卒でベンチャー企業はなしなのか?

散々大企業を称賛したので、新卒でベンチャー企業はなしかというと、全然そんなことはないです。
アリだけど、覚悟がいります。
ベンチャー企業で働くと、 自主性が育ちます。
育むというほど綺麗なものではなく、自主性を発揮しないと生きていけないといったほうが正しいかもしれません。
なので自主性があまりにもなかったり、もっとわかりやすく言えばやる気がなければ、やっていけません。
 
逆にベンチャー企業でバリバリ活躍した人が大企業へ行くとポンポン出世したりするのは、自主性がずば抜けているからです。
僕のベンチャー企業にいた頃の先輩で、大企業に転職し異例の速さで取締役に昇格した人がいるのですが、彼も「いやー大企業は楽だよ、手を上げるだけでポンポン出世できる。やりたがらない人ばかりだからね(笑)」と言ってましたのでこれは真実かなと思います。
 

まとめ

・結局正解はなく、自分自身が将来何をしたいのか?によって答えは変わるということ。
・僕はWebコンサルタントになりたかったので、より自分磨きをするための時間、ブランド力、洗練されたスキルが欲しいという理由からベンチャー企業から大企業への転職を決めました。
・ベンチャー企業にも魅力はたくさんあります。例えば、自主性を育めるということ。この状態で大企業へ行けば大活躍間違いなしです。