【転職】20代でスキルがないとお先真っ暗です【解決策】

スキル

 

こんな人に向けて書きます

  • 何もスキルがないまま社会人になってしまった
  • 給料が平均より低い
  • ブラック企業に勤めている
  • でも転職したい

転職するなら20代がおすすめでして、20代のうちにスキルがないままだと、

  • 30代になったらリストラされたり、
  • 給料がまったく伸びない、
  • ブラック企業しか転職できなかったり、

お先真っ暗になってしまいます。
というわけで、スキルがないとなぜやばいのか、そして20代以降通用するスキルの身につけ方について書きます。

スポンサードリンク

【事実】20代でスキルがないとお先真っ暗です

出だしから暗い話ですみません(笑)
でもほんとのことを伝えたいので、包み隠さず書きます。

あなたがもし20代(特に20代後半)で、スキルが何もないのであれば、非常にヤバい状況だということは認識しておいたほうがいいです。
そのままでは30代以降がお先真っ暗です。
脅したいわけではなく、この記事に書いてあることを実践すれば問題ないので、ご安心を(笑)

なぜスキルがないのがやばいのか?

それは、誰でもできる仕事しかできないからです。
その理由を説明します。

時給が安い仕事になる

誰でもできる仕事というのは、えてして時給が低いです。
例えば、牛丼チェーンのアルバイト。
今はほとんど東南アジア人が働いていて、もはや時給にうるさい日本人よりも、時給800円で喜んでくれる彼らのほうが重宝できるというわけですね。

またコールセンターはアルバイトとしては時給が高いほうですが、正社員としては時給は低いほうです。
アルバイトとしては時給が高い状態は、アルバイトが大学生市場であり、大学生にしては丁寧な言葉遣いが求められるなどコールセンターから求められることが多いからです。
一方正社員として時給が低いのは、正社員が社会人市場であり、電話対応というのは社会人としての基礎の部分であるからです。

長時間労働になる

時給の話に関連してくる話ですが、誰でもできる仕事は時給が低いので、より稼ぎたい場合は、長時間働くしかありません。
当たり前の話ですね。
つまり、家庭持ちの旦那さんなどある程度稼がなければ生活が困る人が時給の低い仕事をしてしまうと、長時間労働せざるを得なくなるというわけですね。

やりがいがない

これも当たり前の話ですが、誰でもできる仕事は、やりがいがありません。
人は人から喜ばれる仕事をしたときに、承認欲求が満たされやりがいを感じます。
そして、人から喜ばれる仕事は、誰でもできる仕事の中には少ないです。

【解決策】希少性を高める

スキルがない人は、誰でもできる仕事しかできないと書きました。
ではスキルを高めれば、時給の高い仕事、残業なしの仕事、やりがいのある仕事ができるのでしょうか?

答えはNoです。
ただスキルを高めるだけではダメということです。
例えば、ExcelやWordといったスキルがどれだけできても、
それだけでできる仕事は、事務の仕事しかありません。

事務の仕事をどれだけ頑張っても時給には限りがあります。
なぜスキルや仕事によって時給が変わってしまうのでしょうか?
それは希少性が低いからなんですよね。

希少性は、需要と供給で決まります。
需要が大きいのに、供給が少ないものは、希少性が高いです。
つまり、求人は多いのにできる人が少ないスキルを身につければいいというわけです。

希少性の高い職種(スキル)を選ぶ

希少性の高いスキルは例えば、

  • セールス
  • マーケティング
  • プログラミング
  • マネジメント

それぞれのスキルについては、また別の機会に譲りますが、これらスキルの中にもそれぞれでレベルが存在することは言及しておきましょう。
例えば、上場企業の社長へセールスできる人材と中小企業の社長へセールスできる人材だと生み出す利益がまったく異なるので、前者のほうがより高いスキルを持っていると言えます。
プログラミングで言えば、10ページのWebサイトをつくる人と1万ページのWebサイトをつくる人では、後者の方がスキルが高いし時給も高いでしょう。

まあこのレベルについては、優良企業で時間をかけて働くことでスキルアップできるものなので、そこまで気にする必要はありません。
問題は、スキル自体を20代の早いうちに選ばないといけないということです。

プログラミングスキルを身につけたい人はプログラマーになり、マーケティングスキルを身につけたいひとはマーケティング部門で働くようにと、スキルはそのまま職種につながります。
そしてこの職種を30代以降変更することは、ほぼ不可能だと言うことです。
つまり20代で選んだスキルが、今後の将来において、あなたのコアスキルとなっていきます。

よってしっかりと自己分析を行ったうえで、自分がどのスキルを身につけるべきか選ぶべきです。

成長している業界を選ぶ

またもう一つ、希少性を高める際に必要な視点が、成長している業界を選ぶということです。
成長している業界は、需要が高まってきているのに、新しいがゆえに人材が少ない傾向があるので、希少性が高い言えます。

つまり、どこの業界のセールスをしているのかということが非常に重要です。
例えば、パチンコのセールスをしている人とネット広告のセールスをしている人では給料が全然変わってきます。
それはその人自身のセールススキルというよりも、成長している業界で働いているかどうかによるものです。

もちろん、パチンコのセールスをしていてもものすごい付加価値を生み出すスキルを身につけていれば問題はないのですが、ネット広告でセールスをしたほうがより希少性が高いので、稼げる可能性も高まるということです。

僕はIT業界で働いているので、ポジショントークになってしまいますが、
オススメの業界はやはりIT業界ですね。

理由は、とにかく20代以下の若い世代が有利な業界で、それゆえに若いうちから活躍して稼げる可能性が高いからです。
詳しくは、IT業界の将来性について記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください。

「1万時間の法則」でまずは武器となるスキルを身につけよう

これまでスキルの選び方について説明してきました。
あとは、実際にスキルを選んで磨いていくことで、武器となるスキルが形成されていきます。

スキルを磨いていく際のヒントとなるものに、1万時間の法則があります。
マルコム・グラッドウェルという人が書いた「天才! 成功する人々の法則」で広まった法則ですが、
この本の中では、どんな分野でも1万時間かければその分野でエキスパートになれると言われています。

1万時間というと、途方もない数字に見えますが、1日8時間を3年続ければ達成できるので、集中してやればできますね。

ブラック企業の餌食にならないために

この記事を読んでも、なかなか行動できる人はいないでしょう。
しかし、もし20代でスキルがない状態を続けてしまうと、
転職する際にブラック企業の餌食になってしまう可能性が高く非常に危険です。

なぜならホワイト企業はスキルのある人間しか入れないからです。
では現状でスキルのない人はブラック企業で働き続けるしかないのか?
25歳前後であれば、スキルがない状態でもホワイト企業に転職できます。

20代はポテンシャル採用があるからです。
しかし20代を超えると、スキルのみでの勝負になってきます。
ホワイト企業に転職するなら今しかないということです。

ホワイト企業への転職を考える際に、まずしておきたいのは転職エージェントへの登録です。
転職する方法は、転職エージェントを使うか転職サイトを使うかのどちらかになりますが、
基本は両方しておいて損はないです。

今まだ勤めていて辞める予定がないとしても、登録はいつでもできますし、
エージェントに先に相談しておくことで、自分に合ったホワイト企業をあらかじめ探しておくことができます。

20代におすすめの転職エージェント

20代におすすめの転職エージェントは? ベンチャーから大手への転職に成功した僕が解説します

僕自身も転職エージェントをうまく使って、ブラック企業(ベンチャー)からホワイト企業(大手)に転職することができました。
20代のうちに、ホワイト企業でしっかりとスキルを身につけて30代に備えることをおすすめします。

まとめ

  • 20代でスキルがないとヤバい
  • 希少性の高いスキルを身につけよう
  • 成長する業界に身を置こう
  • 1万時間の法則で1つの武器となるスキルを身につけよう
  • ホワイト企業に転職するなら今しかない

というお話をさせていただきました。