又兵衛桜 見頃はいつ頃!? アクセスと駐車場は?

又兵衛桜 見頃はいつ頃!? アクセスと駐車場は?

奈良県宇陀市にある、奈良県ではNo.1の桜を見ることができる、又兵衛桜(またべえざくら)。

滝のようにしたたるシダレザクラのさまから別名本郷の瀧桜とも呼ばれています。

その桜は、何本もの木からなるものではなく、一本桜として悠々咲いているのです!

この1本の桜を見るために、全国から観光客や花見に来る人たちが来ます。

ただ見頃の時期を逃すとこの美しい景観を見逃したり、混雑に巻き込まれてしまうので、
又兵衛桜の見頃の時期・見どころ・アクセス情報等は要チェックしておきましょう。
それらの情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

又兵衛桜の由来と見どころ

出典:http://www.joyphoto.com/japanese/travel/090412/matabee.html

又兵衛桜の名前の由来は、戦国武将後藤又兵衛が大坂夏の陣で敗れたのちに、
この地に残って僧侶になり、一生を終えたという伝説が残った後藤家の屋敷跡にある
シダレザクラだったため、その桜を地元の人々が又兵衛桜と呼ぶようになりました。

又兵衛桜は、その樹齢が300年にもなると言われている立派な古木です。
又兵衛桜の横には、一面に桃の木も植えられており、観桜期間には桃の花も咲き、
薄いピンクとショッキングピンクのコラボレーションがとても美しいのが特徴です。

又兵衛桜が日本全国から写真家や観光客が来るまでに人気になった理由としては、
そのシダレザクラの立派さはもちろん、NHK大河ドラマの「葵 徳川三代」のオープニング映像で
又兵衛桜がシンボルとして登場していたところで、お茶の間に広まったのです♪

又兵衛桜 見頃の時期 2018年の開花予想ともに解説 

又兵衛桜の見頃は、4月上旬~中旬が平年の傾向です。
桜の開花自体は、3月下旬からとなっています。

営業時間は、
10時~21時(受付は午前8時30分~)
です。

開花情報は、4月くらいから開花情報を確認しておくことをおすすめします。
リアルタイムな見頃情報を知りたい方は、又兵衛桜の開花情報をチェックしてくださいね!

又兵衛桜 ライトアップは何時から何時まで!? 

出典:http://regi777.exblog.jp/15047986/

又兵衛桜のライトアップ時間は、

18時~21時まで

となっています。

拝観料が250円です。

又兵衛桜 アクセス情報

又兵衛桜のアクセス情報を紹介しますね。

住所 新潟県上越市本城町44-1
電車 近畿日本鉄道大阪線榛原駅から奈良交通バス(大宇陀行き)で17分 大宇陀下車後、徒歩20分
名阪国道針ICから40分
駐車場

300台 500円/1日

 

又兵衛桜 駐車場情報

又兵衛桜の駐車場は、500台くらいが停めることができる、有料駐車場が開放されています。
車で行く方はその駐車場を使うことになりますね。
駐車場の利用料金は、1回500円です。

電車で行く方は、近鉄大阪線の榛原駅を下車してから、
奈良交通バスに乗り、終点の大宇陀のバス停下車し、
そこから15分程度歩いたところに又兵衛桜があります。

若干アクセスが悪いですよね(;^ω^)

また榛原駅からもう一つの方法としては、
駅前のレンタサイクルショップで、自転車を借りる
という裏技?もあります!

 

又兵衛桜 混雑状況は?

又兵衛桜の花見は例年数万人近くの人々が訪れるビッグイベントなので、
毎年混雑状況は例外なく当たり前となってきます。
特に土日の混雑は避けられないでしょう。

混雑を避けるためには、車の場合は朝の開場時間の1時間前には現地に着いていると比較的空いているかもしれません。

交通機関を利用する場合は、それほど時間を意識する必要はないでしょう。
榛原駅から又兵衛桜までのバスが混んでる場合は、すでに述べた通り、レンタサイクルしちゃいましょう。

是非試してみてくださいね。

又兵衛桜 基本情報

又兵衛桜の基本情報をまとめてみました。
今年の見頃情報などは公式サイトを要チェックしておくことをおすすめします。

見頃 4月上旬 ~ 4月中旬
夜桜観賞 なし
桜祭り 又兵衛桜まつり(4月上旬~中旬(見頃期間))
売店 あり
ビール販売 あり
公衆トイレ あり
営業時間 24時間
定休日 無休
料金 100円
お問い合わせ 0745-82-2457

まとめ

又兵衛桜の1本桜という男らしく威風堂々とたっているさまは、古き良き日本男児の強さを象徴するかのようです。

私は、1本桜が大好きなんですよ。
なぜかというと、奈良に咲いているたった1本の桜で全国の人々を魅了しているってすごくないですか!?

こんな人がいたら本当にすごいなと思いますし、私自身もそんな人間になりたいものです(笑)

少し話はそれましたが、それほど観に行く価値のある桜ですので、ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す