僕の音楽観。名も知らないUKロックを聞く

僕の音楽観。名も知らないUKロックを聞く

どーも、センダマンです!

今日は音楽について僕の感じることを書きたいと思います。
みなさんは普段どんな音楽を聞きますか?

スポンサードリンク

UKロックとは

最近聞くようになったのがUKロックというジャンルです。
まだ聞き始めたばかりのひよっこですが、ビートルズ、Libertines、Nirvana、Sex pistolesなんかを聞いてますね。

まあほとんどビートルズですが。笑
僕はそもそも音楽は本質的には歌詞で楽しむものだと思っていました。

なので洋楽はほんとに気が向くときだけ聞き、その他は歌詞のしっくりするものを聞いていました。
ちなみに邦楽の歌詞のよいアーティストでいうと、尾崎豊、忌野清志郎、ブルーハーツ、Andymori、Def tech、Uverworld等ですかね。
あくまで僕の完成ですが。

UKロックを聞くようになったのは、同居している友人がロックバンドをやっていて、彼からいろいろとおすすめされました。
最初はあまり乗り気ではなかったけど、UKロックの人たちの生きざまに惚れ、あっという間にはまった次第です。

本よりUKロック?

ずばりUKロックは自己啓発だと思ってます。
まずもっと破天荒に自由奔放に人生を生きていいんだと彼らは教えてくれます。
歌詞がわからないことで、音を楽しまざるを得ないので、耳からの完成が圧倒的に高まります。

UKロックは世界でもトップレベルの音楽ジャンルですので、あれを聞いた後は邦ロックはなかなか聞けなくなってしまう。
よく回らない寿司を食べると回転寿司が食べられなくなると言いますよね。
あれに似た感覚かなーという気がします。

ですのでUKロックを聞いて、できればLiveに行くことをオススメします。
Liveはイギリスに行くわけではないので、来日したときか、もしくは邦ロックで彼らのイズムを受け継いだ人のものに行くといいです。

早く人生初のフェアに行ってみたい、センダマンでした!
いやーそれにしても今世紀、僕もロックンローラーになりたかったあなあ。。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す