タバコの吐き気の原因は何!? 解決策は?

タバコの吐き気の原因は何!? 解決策は?

タバコで起きる吐き気。
もしかしたら病気かも?なんて不安になっている方も多いのでは。

ちょっと怖いですよね。
でもその予感は本当に当たっているかもしれません。

タバコの害はバカになりません。
カラダに異変が起きたら、原因をしっかりと突き止めてくださいね。

ここではタバコで起きる吐き気の原因と解決策について書きました。

スポンサードリンク

タバコの吐き気の原因

タバコによる吐き気の原因は、いくつかありますが、
病気の可能性などもあるため、しっかりと原因を見極めることが何よりも重要です。

ここではタバコで起きる吐き気の原因について、いくつか見ていきましょう。

ニコチン代謝が弱い

タバコで起こる吐き気のほとんどがこれです。
ニコチンの代謝ができておらず、ニコチンの分解ができずに、ニコチンが蓄積されている状態です。

タバコの吸いすぎで起こる吐き気もこれですね。
その結果、過剰摂取となってしまい、吐き気が起きます。

これは病気ではないので、そこまで心配する必要はないです。

逆流性食道炎

タバコの胸内部の圧力が高まり、胃液を上へ押し出し、
胃液の逆流が起きると言われています。

この逆流によって、吐き気が起こります。

またタバコの煙によって、胃が刺激され、胃酸が多く出ることで
食道が傷ついてしまい、逆流性食道炎が助長されるというわけです。

胃・十二指腸潰瘍

タバコの喫煙により、胃潰瘍が起きる原因は、喫煙により、血管が収縮し、胃を守っている粘液が減り、
胃酸が増えてしまうからです。
また十二指腸潰瘍になる原因は、胃と十二指腸を繋ぐ括約筋が、喫煙によりゆるみ胃酸が流れ込んでしまうからです。

喫煙者が胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかかる人の割合は、非喫煙者と比べて3~4倍にもなるんですよ!

ストレス

ストレスを強く受けていると、自律神経のバランスが崩れ

腸が過敏に反応しやすくなります。

そこにタバコの煙が入ることで吐き気が起こってしまうので。

若い10代~20代にも過敏性腸症候群になる人が最近では多いみたいです。

妊娠

妊娠によってもタバコの吐き気は起こります。

これは妊娠によって、体がデリケートになるからです。

ほんとに女性のカラダは神秘的ですよね。

タバコで起こる吐き気の対策

では吐き気を抑えるための、対策としてはどんなものがあるのでしょうか。

禁煙する

やはりこれが一番です(笑)
それができたら苦労しねぇよと思いますよね。

でもやはりタバコは百害あって一利なしなのです。
健康を傷つけるものにお金を払うのはやめましょう。

禁煙の眠気を解決するたった3つの方法【禁煙成功体験談】

禁煙の離脱症状を鎮めるたった一つの処方箋【禁煙成功体験談】

定期的に検査を受ける

吐き気の解決策としては、吐き気が起こった時点で、病院に行くことです。
これが何よりも最善策です。

しっかりと原因を突き止め、専門家の指導により、しかるべき対策をしてくださいね!

まとめ

私もタバコを吸っているときは、吐き気が起こっていました。
私の場合は、ニコチンの代謝ができていなかったのかなぁと思っています。

吐き気が起こったら、カラダがSOSの信号を出していると考えてください。
喫煙するのもいいですが、体調はしっかり見極めるべきです。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す