ジョンレノンはイマジンだけじゃない!! 人生を変える名曲5選

ジョンレノンはイマジンだけじゃない!! 人生を変える名曲5選

ジョンレノンといえば、イマジンのあの丸眼鏡が印象的ではないでしょうか。

ソロになってからのジョンレノンは、ビートルズ時代のジョンレノンとはまた違ったテンポや雰囲気で、より思想の強い曲が多くジョンレノンワールドを楽しめます。

確かにイマジンが一番のヒット曲ですが、そのほかに数々の名曲を生み出しています。

ジョンレノンのセクシーなしゃがれ声と平和な世界観に酔いしれましょう。

イマジン以外の名曲を5選セレクトしてみました。

スポンサードリンク

ジョンレノンってどんな人?

ジョンレノン

1960年代に世界中で伝説的な人気を誇ったビートルズのリードボーカルの一人。

1970年代は、ビートルズ解散後にシンガーソングライターとしても活躍しました。

ローリングストーンの選ぶ最も偉大なシンガーでは5位に選ばれ、ロックシンガーで最も影響力のある男といっても過言ではないでしょう。

イマジンを代表とする曲で表現したラブ&ピース思想は、世界中の人々に影響を与え、日本でも英語や音楽の教科書に使われています。

常識や国家、宗教にすら屈しないロックンローラー魂は、人生においても参考になること間違いなしです。

ジョンレノンの名曲5選(イマジン以外)

イマジンは皆さんご存知だと思うので、今回はあえて省いています。

Woman ウーマン

ビートルズ時代のハードロックなジョンレノンとは全く違う、フェミニストな要素が満載の曲です。

柔らかい声と愛にあふれる歌詞がたまりませんね~。

真剣な告白に使える曲ですね。

個人的には、ドゥルルドゥッドゥー♪というところのジョンのラブ&ピース感大好きですね♪

Instant Karma インスタントカーマ

インスタントカーマはとても深い曲ですが、要は「俺たちは皆すごいんだ!だから今行動しようよ」というジョンレノンなりの励ましの歌だと思います。

カーマは、よく前世から因果関係という意味で使われる言葉ですが、インスタントを付け加えて表現したのが面白いところですね。

インスタントカーマをどう訳すかは、リスナーの自由ですが、個人的な解釈としては、歴史的自己啓発の名著である「原因と結果の法則」のようなことを言っていて、「今行動した結果が未来を作るんだよ。今のあなたは過去の行動という原因が引き起こしたものだよということを強く伝えたかったのでしょう。

God ゴッド

常識をぶち壊してくれる曲で、「俺はビートルズを信じない」とさえ言っている衝撃的な曲です。

賢威に屈しない、正しいものなんて何もないんだということを教えてくれます。

きっとこのころのジョンレノンには、とても世界が広く見えていたのでしょう。

友達や会社、そして親さえも信じない。

信じる者は自分が決めていい。

今の日本には必要なスタンスですよね。

Mind Games マインドゲームス

自分と向きあうこと、想像力の重要性を説いている曲。
東洋思想を学んでいたジョンレノンらしい歌詞になっています。

以下の表現は深いですね。

Yes is the answer and you know that for sure
Yes is surrender, you got to let it, you got to let it go

この部分の訳はいろいろと訳し方がありますが、個人の主観で訳すと以下のようになりました。

Yesこそが答えだと君はわかっている。
Yesは服従だ、君はありのままに生きてゆけばいい。

このYesは自己受容を指していると思います。自分を受け入れ、自由な思考で生きていこうという意味にとれます。

Jelous Guy ジェラスガイ

内容は、嫉妬がゆえに傷つけたことを反省している歌です。

元々はジョンレノンがビートルズ時代に、作った「チャイルドオブネイチャー」をオノヨーコに向けて歌詞や曲をアレンジして、アルバムのイマジンに収録されました。

しっとりとしたバラード曲調は、ビートルズでは見られなかった、ジョンレノンの新たな一面ですね。

オノヨーコがパートナーとなってからは、フェミニンさが増したということかもしれません。

まとめ

私もジョンレノンを初めて知ったころは、イマジンのカバージャケットのイメージが強く、あまりかっこいいとは思えなかったのですが、ビートルズのがっつりロックンローラー時代を知り、その後ソロ時代の丸くなったジョンを聞き、どんどんとジョンレノンの魅力にひかれていきました(^^)

ソロ時代の2面性を持つジョンレノンもとても魅力なので、今回紹介した5曲聞いてみてください。

もちろんまだまだ名曲はありますよ♪

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す