日焼け止めスプレーの効果は!? 日焼け止めの種類や用途を徹底比較

日焼け止めスプレーの効果は!? 日焼け止めの種類や用途を徹底比較

日焼け止めスプレー

日焼け止めにはたくさんの種類がありますよね。

そのなかでも日焼け止めにスプレーを使う人は多いと思います。

でも「日焼け止めスプレーの効果ってどうなの?」と思っている人って多いんじゃないでしょうか。

ここでは日焼け止めスプレーの効果、メリット、デメリット、日焼け止めスプレーと他の日焼け止めとの比較についてまとめました。

この記事を読めば、日焼け止めスプレーの効果を腑に落ちるまで知ることができます。

スポンサードリンク

日焼け止めスプレーの効果

日焼け止めスプレーの効果

日焼け止めスプレーは、手の届かない背中や首などの全身に塗りやすいといった特徴がありますが、単純に日焼けを防止するという意味では効果は薄いと言えます。

なぜかというと、持続性がないのと水分に弱いため、汗をかいたりするとすぐに日焼け止め効果がなくなってしまったりします。

詳しくは、日焼け止めスプレーのメリット、デメリットを見てください。

 

日焼け止めスプレーは、メインで使うよりも、用途を分けてサブとして使うのが最も効果を発揮しますよ。

例えば、

  • 時間がないときに、さっと吹きかける
  • 髪の毛や首、背中、足元などのクリームでは塗れない部分にのみ吹きかける
  • 日差しの弱いときに、スプレーでさっと済ませる

などといった使い方ですね。

日焼け止めスプレーのデメリット

日焼け止めの効果について述べましたが、日焼け止めスプレーを使うデメリットをあげるとすればどんなものが挙げられるか以下にまとめました。

  • 手軽
  • 手が汚れない
  • 背中など手の届かない箇所に塗れる
  • 髪にも使える

日焼け止めスプレーのメリット

日焼け止めスプレーの効果の部分でも述べましたが、日焼け止めスプレーを使うメリットを以下にまとめました。

  • ムラが出やすい
  • 効果が短い
  • 水分に弱い
  • コスパが悪い
  • すぐなくなる
  • 周囲に飛び散る

単体として日焼け止めスプレーを使うメリットはあまりなさそうですね。

日焼け止めの種類を徹底比較

日焼け止めの種類

日焼け止めの種類とそれぞれの特徴、用途をまとめてみました。

オススメの使い方は、再三この記事で言ってきましたが、メインの日焼け止めをどれか決めて(クリームやジェルなど)、日焼け止めスプレーをサブとして部分使いするという使い方ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日焼け止めスプレーは賢く使えばとても有意義なアイテムとして夏に活躍することでしょう。

なんでもそうですが、使いこなし方によってアイテムはいくらでも化けるということですね!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す