海外インターンシップを経験して

海外インターンシップを経験して

どーも、センダマンです!

僕は大学生の時に、休学してベトナムで7か月ほど営業のインターンシップをしていました。

海外インターンシップを経験してみて感じたことを今日は書いてみたいと思ってます。

スポンサードリンク

僕が海外インターンで得たこと

海外インターンで能力として得たことは、たくさんあるんですけど、あえて2つ言語化できるものを絞りました。

1つ目はキャリアに対してどっしり構えられるようになったということ。
「俺はベトナムでも英語を使って仕事ができるんだ」という体験をしたことで、僕は就活はしていなかったのですが、例えば日本での就職活動がうまくいかなくても海外で仕事を探せるし、別に起業もやろうと思えばできるぞという自信がつきました。

2つ目はグローバル思考ですね。
僕の場合は海外にでてビジネスを体験してみたいという思いで出たのですがそこにいる経営者は海外でビジネスをすることにこだわりはなくて、ただ自分が勝てる場所で勝負することを意識したときにそれがベトナムだったと言っていて、よく自己成長するときにどこの環境にいるかが大事だというじゃないですか。

それがグローバルなことだと僕は思ったんですよ。
だから別に海外で無理やりやる必要はないなって。

今はやりたいことがない状態なので、やり値ことが出てきた時のためにスキルを蓄えておいて宋江で勝てる場所はどこだろうかとポジションを見つけていければと思ってます。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す