新年会の挨拶で締めと乾杯を頼まれた! 成功のポイントと例文を伝授!

新年会の挨拶で締めと乾杯を頼まれた! 成功のポイントと例文を伝授!

一年の始まりの新年会。ただ参加しているときは楽しいんですが、
いざ、締めや乾杯役を頼まれると、途端にどういうふうにするんだ?と途方にくれますね。
「新年会の締めの挨拶はなんて言えばいいの?締めや乾杯の場合は? 幹事になったんだけど?」

でも大丈夫! いざというときに困らないように、新年会の挨拶で、締めと乾杯を成功させるポイントについてまとめました。

スポンサードリンク

新年会の締めの挨拶を成功させるポイントは?

新年会で幹事から、締めの挨拶を頼まれてしまったけど、いったいどうすればいいでしょうか。

締めの手順はいくつかしかありませんので、この際、覚えてしまいましょう。

  1. 締めの挨拶は短くシンプルに。1分で
  2. 会を終了することを告げて、詫びます
  3. 司会や幹事が言った場合は省略します。
  4. 自己紹介として、部署とフルネームを告げます。
  5. 新年会が大盛況であったことを述べます。
  6. このあとは、締めの方法を伝えて、万歳の場合は唱和をお願いします。
  7. 組織の発展と個々人の活躍を祈る言葉を添えて、締めを行います。
  8. 締めのあと、「ありがとうございました」といいながら拍手で終わります。

締めの方法

締めの方法はいくつかあって、場合によって使い分けましょう。
社長や役員が出席している場合は、盛大に万歳三唱がよいでしょう。

一般的には新年会の締めは、三本締めです。
「いよー」の後に、「パパパン、パパパン、パパパン、パン」と手をたたくのを3回です。
1回目と2回目の間に「いよっ」、2回目と3回目の間に「もう一丁」とかけ声を入れます。

一本締めは、忘年会恒例で「パパパン、パパパン、パパパン、パン」を一回だけです。
ですが、これは注意が必要で、関東では「関東一本締め」を「一本締め」とだけ言っています。
つまり、どちらなのか迷う人がいるわけです。

関東一本締めは、別名一丁締めで、「よー、パン」だけのシンプルな締めです。
この一丁締めで短く済ませたい場合は、「よー、パンの一本締めで」と言えば、迷わず一緒にできます。

締めの挨拶の例文

実際の締めの挨拶の例文としては、以下のような感じです。

「ただいまご紹介いただきました、○○部の□□ □□です。
本日は年の初めに皆様と楽しい時間が過ごせて、大変うれしく思います。

名残惜しいですが、ここで会をお開きにしたいと思います。
それでは、○○会社のますますの発展と、皆様のご活躍を祈念いたしまして、
三本締めを行いたいと思います。

それでは、お手を拝借。いよー

パパパン、パパパン、パパパン、パン、いよっ、
パパパン、パパパン、パパパン、パン、もう一丁、
パパパン、パパパン、パパパン、パン、ありがとうございました!」

と、こんなふうになります。

幹事の場合、締めの挨拶は誰に頼めばいいの?

締めの挨拶と締め自体は、上役に頼みましょう。
誰にするか迷う場合は、自分の上司に相談しましょう。
必ず事前に伝えておいてくださいね。差し迫ってからではだめですよ。

その締めの挨拶に入る前に、会が終了する旨と、二次会があるかどうかなどの連絡事項を告げましょう。
そのあと、締めの挨拶を○○部長にお願いします、とつなぎます。

新年会で乾杯の挨拶を成功させるポイントは?

幹事から、乾杯の挨拶を頼まれたときはどうするか。
こちらもやはりシンプルが大事です。やはり1分です。
みんな早く最初の一杯が飲みたいわけですから。

乾杯の挨拶で、盛り込む内容は5つです。

  1. 新年を祝う挨拶。「明けましておめでとうございます」ですね。
  2. 部署とフルネームで、自己紹介。
  3. 今年も元気にがんばっていきましょうという前向きなメッセージ。
  4. 乾杯の唱和を依頼。
  5. そして、飛躍と発展を祈念して、乾杯!

という流れです。

乾杯の挨拶の例文

乾杯の挨拶の例文としては、こんな感じです。

「みなさま、明けましておめでとうございます。
ただいまご紹介いただきました、○○部の□□ □□です。
今年も良い年になりますよう、元気よくスタートしてまいりたいと思います。
それでは、乾杯の音頭を取らせていただきますので、ご唱和願います。
○○会社のますますの飛躍と発展を祈念して、乾杯!」

と、こんな感じで超シンプルに行きましょう。
最後のところは、「皆様のご健康とご活躍を祈念」してもよいでしょう。

幹事の場合、乾杯の挨拶は誰に頼めばいいの?

自分が幹事の場合は、やはり上役にお願いすべきでしょう。

乾杯は会に参加したもっとも役職が高い人がよいです。
迷う場合は、事前に上司に相談しておいてくださいね。
いずれにしても、挨拶は事前にお願いするようにしましょう。

乾杯の挨拶に入る前に、数十秒で、新年会であることと、
食事や飲み物の説明をするとよいでしょう。

まとめ

新年会の締めと乾杯について、お伝えしました。
いずれにしても、会の開始と終わりの区切りのためですから、
シンプルにさくっと終わらせるのがステキです。

これでいつ頼まれても準備万端ですね!新年会に乾杯!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す