情報をコントロールする力とは?

情報をコントロールする力とは?

どーも、センダマンです!

前の記事で情報をコントロールする力が最も必要なスキルである言いました。
そしてこの力を身につければ、億万長者になることも可能になります。

例えばインターネットで行われるビジネスはそのすべてが情報によって成り立っています。
テキスト、言語、画像、動画などこれらはすべて情報です。

スポンサードリンク

通販ビジネスこそ情報をコントロールしている

僕らがよく使うAmazonya楽天などの通販も情報を巧みに使うことで商品を販売しているわけです。
食品であればそれを食べたときに、感じることをテキストや画像などを使って消費者にイメージさせるわけです。
ジュワーとかホクホクとか祇園を使うことでその食品のおいしさを表現するということですね。

ここでよく使われるスキルはコピーライティングと呼ばれるものです。
商品やサービスを消費者に簡潔にベネフィットを伝える。

店舗のビジネスはあまり関係ないんじゃないかと思うかもしれないですが、店舗こそこれからますます情報をコントロールする力が求められます。
今までは良い商品・サービスを提供を提供していれば物が売れました。

消費しない現代人

しかし現代人はどんどんモノやサービスを消費しなくなっています。
もっとわかりやすく言えばある一定の商品やサービスさえあればそれ以外の代替品など要らないのです。

そしてたとえ良い商品やサービスを提供しても知ることがなければ店舗に来ることもない。
一方情報やコントロールできれば、SALE情報を企画したり、口コミを促したり、Facebookでファンを増やしてそのファンに限定告知をするなど、自分である程度の売上をコントロールすることが可能なわけです。

恋愛でも情報をコントロールする力は大いに発揮されます。
自分をより魅力的に見せるためにどう自分の情報を出していくのか、つまりアピールしていくのか、余計な情報を出すと嫌われたり魅力的でなくなってしまいます。

この場合相手がどう感じるのかという視点がとても大切になってきます。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Facebook

コメントを残す